« レッサーパンダを初めて見る | トップページ | かもめ食堂、再び »

2006/05/03

ido.更新しました

長崎バイオパークが「ちょっと変わっている」と感じたのは
ゾウやらトラやらニホンザルといった
一般の動物園にいそうな動物がいなくて
あまり馴染みのない南米の動物がたくさんいることと、
放し飼いの動物が多いことです。
おかげでカピバラに触ることもできました。
(松の葉のような感触...)

あと、おそらく動物園として飼育しているのではないヘビも見ました。
ながーいけど細くてひっそりしていたので怖くはなく
隠れてしまうまでじっと見入っていました。

|

« レッサーパンダを初めて見る | トップページ | かもめ食堂、再び »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ido.更新しました:

« レッサーパンダを初めて見る | トップページ | かもめ食堂、再び »