« 京都一日目 | トップページ | 京都三日目 »

2008/05/23

京都二日目

この日はタイトルをつけるなら「文化の日」?

そもそもの目的が(私たちのでなく両親の、ですが)
葵祭を見ることでしたので、午前中は御所に。
この日はとっても天気がよくて、もちろん雨よりはよいのですけど
日差しが...
行列が始まるまで、木陰で待機。御所の緑はいい...

桟敷席の最前列に座れたので、時々あらわれるマナー違反のおばさんズ以外は
さえぎる物もなく撮影できました。
ただこの葵祭ってどういうお祭りなのかいまだ知らず...
帰ってから調べようとか思いつつ...
まあとにかくみごとな衣装、お馬さん、牛さんの行列でした。
きれいな女の子とか、他にもたくさん撮りましたが
顔がはっきり写っているのをパスしたらこんな感じで↓

御所での行列は1時間半ほどで、その後両親と鶏料理の店へ。
ここに関してはオチがあるのですがそれはまた明日の分に。
鶏料理といえば、先だって両親と博多でやはり鶏料理を食べたのですが
(特別鶏好きというわけでなく、博多は水炊きが有名ですので)
そこでは水炊きやから揚げなど、こちらのチョイスがまずかったせいで
お年寄り4人(われわれ含め)には、おいしいんだけど、重かった...
今回はさっぱりメニューでしたのでよかったです。卵かけごはんおいしかったー。

この後はオットとふたりで文化的散策...

| 細見美術館 北斎と若冲展 |
若冲のネズミの婚礼の絵が最高にかわいい。
ここのショップは和雑貨のお店のようなおしゃれさでした。
教科書でもおなじみ狂言の「附子」もあります。水飴。
美術館そのものもおしゃれすぎ...

| 何必館・京都現代美術館 エリオット・アーウィット展 |
恵文社のメールマガジンにて知る。
サイン会は残念ながら4月で、たぶん、
アーウィット本人を日本で見られる最後のチャンスではないかと
(もう80歳だし)それはまあ残念でしたがしかたない。
アーウィット展は札幌で2、3回、福岡でも1回は見たかな...
見たことのある作品も多かったですが、やっぱり好きだとあらためて。
写真集とポストカード買いました。
この美術館も細見美術館とは違う方向にすごくかっこいい。

ここからの移動途中、まる捨でひとやすみ。
明らかに常連さんのための店っぽかったですが
(店の狭さに一瞬足がすくむ)
一見さんにも普通にきちんと対応してくださいました。
フルーツジュースを頼むべきだったのについコーヒーを...

この前後に、大阪で会う姪たちのためにRAAKで手ぬぐいバッグを購入。
京都ならかわいいものが見つかるだろう、と手ぶらで来たもので。
自分用には決定打なし。

|国立博物館 |
えーとなんで行ったんだっけ? せっかくだから、とかその程度だったかも。
でも意外にもすごく面白かったのですよ。
学生より大人が見たほうがずっと楽しめると思います。
国宝がそっけないガラスケースに入っているのには驚きましたが、
京都には国宝がごろごろしているから、この程度の扱いなのか...
アトラクションという意味では、福岡の国立博物館のほうが
新しいから当然ですがきれいだし見せ方も凝っていると思います。
こちらのショップで鳥獣戯画グッズなどたくさん見つけて
買い込んでしまいました。
でもこの博物館には鳥獣戯画関係のものあったっけ?

ここから京都駅までの移動、バスはどれもいっぱいで乗れそうになく
京都駅まで歩きました。なんキロあったんだろう...
京都タワーが徐々に、ほんとうに徐々に、大きく見えてきて
なんともいえない達成感が...
(いい大人なんだからタクシー使えばいいんですけど)

和食が続いたのでイタリアンなんか食べたいねということで
ある有名人の店に行ってみたのですが...
(「が」ってところで察していただきましょう...)
いやおいしくないわけではけっしてなかったですが...
これならいつも行く店のほうが明らかに「感激」があるよな、と
翌々日帰宅したその夜に食べに行ってしまった。
(実際、いつもの店では、やっぱりこっちのほうがウマイと感激)
いい勉強にはなりました。Si~

***

この日の写真。

Kyoto21

Kyoto22 行列の人は、馬に乗るか重そうなものを持つか手ぶらかのいずれか。

Kyoto23 きれいなピンクとブルー。

Kyoto24 たてがみがきれいにカットされていてラブリーv

Kyoto25

Kyoto26

Kyoto27

Kyoto28

Kyoto29

Kyoto210 まる捨の窓のレモン

Kyoto211

|

« 京都一日目 | トップページ | 京都三日目 »

コメント

ソレイユさんもお好きでしたか!
私もアーウィットがまだ来日できるほどにお元気とは
ぜんぜん思っていませんでした。
ちなみに会期延長されたようですので
機会があればぜひ。
(展示作品数はそれほど多くないです、ちなみに)

モーネ工房も行きましたよー。三日目に書いております。

投稿: なかやま | 2008/05/24 20:59

 お恥ずかしながら,エリオット・アーウィットが
 まだご存命だとは思ってませんでした・笑。

 あー,わたしも行きたかったです!
 わたしの大好きな写真家の一人。

 「旅」↓の京都特集号,かなりポイント高かった。
 モーネ工房さんも掲載されてましたね。
 うふふ,って気持ち。
 葵祭は,日本人として見ておきたい気持ち『大』です。
 

投稿: ソレイユ | 2008/05/24 10:06

この記事へのコメントは終了しました。

« 京都一日目 | トップページ | 京都三日目 »