« 国宝 阿修羅展 | トップページ | 活版印刷版 暮らしのヒント集 »

2009/08/10

この夏の読書

どうも薄ぼんやりとした天気が続き、
夏らしく青空にカーッとした強い日差し、とはにならない毎日。

暑さは苦手だけれど、このぱっとしない天気にはむずむずする。
というわけで、読書くらいは夏らしく。

夏といえば、怖い話。
「文豪てのひら怪談」東雅夫/ポプラ文庫

文豪てのひら怪談 (ポプラ文庫 ひ 1-1) (文庫)

さわやかな夏らしいカバーに惹かれて。新訳。
「夏への扉」ハインライン/早川書房

夏への扉[新訳版] (単行本(ソフトカバー))

この夏は上橋菜穂子祭りらしい。追いつくか。
「闇の守り人」上橋菜穂子/新潮文庫

闇の守り人 (新潮文庫) (文庫)

この夏公開映画の原作。ウイルスさえ住まない南極!
「南極料理人」西村淳/新潮文庫

面白南極料理人 (新潮文庫) (文庫)

|

« 国宝 阿修羅展 | トップページ | 活版印刷版 暮らしのヒント集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国宝 阿修羅展 | トップページ | 活版印刷版 暮らしのヒント集 »