« 夏はおしまい | トップページ | 手帳グッズと本と服と »

2009/09/01

「面白南極料理人」と「文・堺雅人」

この夏公開された映画「南極料理人」の原作と、主演俳優の本。
並べることにじつはあまり意味はないのだけれど...

まず「面白南極料理人」、こちらは個人的にまったくダメだった。
大人気シリーズと帯にあるくらいなのでウケる人にはウケるのだろう、
けど、私にはどうにもこの著者の、たぶん「生理」が苦手で受け入れられなかった。
(あまりネガティブなことは書きたくないので、これ以上は書かない)

その著者の役を演じた堺さんの本。
「TVnavi」の連載を数年は読んでいて、堺さんだからということはともかく、
文章がすごく上手で読みごたえがあり、いつか本にまとまったらいいなと思っていた。

文才がある、というのもつまらない表現だが、
もともと頭がよくて、読書の習慣がある人が書いた文章だなぁと。
しかも俳優という職業柄、さまざまな経験があるわけで、
単純に日常のあれこれをつづった芸能人ブログの本などとはまったく違う。

ちなみに時期的には「新選組!」の後から「ジェネラル・ルージュの凱旋」くらいまで。
例の「南極料理人」の話題はなし。
「篤姫」に関しては珍しく同じテーマが4回続いている。
それは「品とはなにか」ということで、これを読んであの家定を見ていたら
また違った見方ができたかもしれない。

よく有名人の本のレビューで「ファンでなくても楽しめます」などとあるが、
それはどうだろう...と少なくともその言葉は信じないわたしではあるけれど、
ごく普通に小説やエッセイを読む人が読んで満足しうる文章だと思う。

でも結局ファンだからほめるんでしょと言われたらなんとも反論できないので
書店で「まえがきにかえて」を読んでいただきたい。
(このページは当然単行本で初めて読んだ)
しょせん芸能人の本と侮っている人ほど、書き出しから〆への展開の巧さに驚かれると思う。

文・堺雅人 (単行本)

|

« 夏はおしまい | トップページ | 手帳グッズと本と服と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏はおしまい | トップページ | 手帳グッズと本と服と »