« 今日の読書 | トップページ | ご近所ノラ猫事情 »

2012/01/17

熊谷守一の自画像

熊谷守一展を見てきました。
どちらかといえば、はっきりした境界線にフラットな色使い(に見えるけど実物はぜんぜん平面的じゃない!)の「モリカズ様式」の作品が好み。
でも学生の頃に描いた写実的な自画像もとてもいいと思えて、それがあるから後年のモリカズ様式の絵を安心して見られるような気がしました。
(美男というのもあるかも...)
また、濃い色を使わなくても夜の闇を描けるというのも、絵心のない私には大変な驚きでありました。
猫の絵はもちろんとても愛らしい。フラットなのにやわらかく、温かい。
【004】

(今日の読書)
昨日から読み始めた、ちくまプリマー新書の「はじめての日本神話」。
古事記の本を2、3年前に買ってそのままなので...
こちらを読んでウォーミングアップ、のつもり。
古事記を好きな人はこの長い神様たちの名前を全部覚えているのだろうか?

|

« 今日の読書 | トップページ | ご近所ノラ猫事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の読書 | トップページ | ご近所ノラ猫事情 »