« 京都の記録・2 | トップページ | 京都の記録・4 »

2012/04/16

京都の記録・3

3日目。前半はオットの希望で個人美術館。この日も早く出すぎたので下鴨神社に寄りました。「君が代」のさざれ石というのは実在するんですねぇ...
美術館では茶道具を見たのですが、おばさんズが元気で(=声でかい)魯山人も閉口したことでしょう。

この日はもちろん、恵文社へ。たまたま展望列車の「きらら」に乗りました。シートが立派で、とくに外向きの席、いいですね。もっと乗りたかったですが一乗寺はけっこう近い。
恵文社にありそうな民藝の本を探しましたが見当たらず、どうしようかなと思っていたら、おおっ、アヌ・トゥオミネンの新しい(と思われる)本がある! とても好きなアーティストです。この1冊だけでもここまで来た甲斐がありました。あとはなぜか京都で江戸の料理の本を。
雑貨のコーナーでは自分用にはデンマークのクリスマス切手のみ。(とてもかわいいのだけど、これしか買えない...というくらい高かったので。自分には)

201204131

前日までたくさん甘いものを食べたので正直甘味はもういいか、とも思いつつ、一度行ってみたかった出町柳のみつばちへ。できるだけ甘くないように、豆かんに抹茶アイスをのせて。寒天と赤えんどう好きにはたまらないおいしさでした。黒糖ものは好きじゃないことが多い私も、ここの黒みつは口に合い、たくさんかけてしまった。

201204132

少し時間があったので、前日、河井寛次郎記念館で知った、京都文化博物館の芹沢銈介展にも行ってみました。これは行ってよかったー。特に帯がすてきで見入ってしまいました。重いけど図録も購入。
この後はミナに行き(わりと残念だった...)、ぱらりと雨も降ってきたし駅に戻り、日本茶続きでコーヒー不足だったためイノダでコーヒーを。夜は和久傳でちょっと豪華にごはんを食べました。
【090】

(この日の読書)
恵文社で買った興津要『江戸食べもの誌』。早々にちょっとシモな話が出てきてげんなりした...おじさん向けなのかな。

|

« 京都の記録・2 | トップページ | 京都の記録・4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。