« 画家 岸田劉生の軌跡 | トップページ | 8月になりました »

2012/07/11

某月某日

某月某日

ほむほむとカクちゃんこと、穂村弘さんと角田光代さんの共著『異性』。
私は(気持ちに余裕があれば)読んだ本の気に入った部分を書き抜いているのだけど、この本ではそれをしなかった。できなかったというべきか。
なぜなら、書き抜くとなると、すべてのページを書き抜くことになるから。それくらい、はっとする言葉のオンパレードだった。

某月某日

前々から読んでみたかった、沼田まほかる『猫鳴り』。
正直たぶんこの作家の他の本を読むことはないと思うのだけど、ラストは久しぶりに読書で泣いた。猫を飼っていたらもっと泣くでしょう。飼っていなくても飼ったことがなくても、こんなに泣けたのだから。
子どものない夫婦(と、引きこもりぎみの少年)が各章の主人公で、第1章が奥さん、第3章(最後)が旦那さん、第1章のあの奥さんが数年後そんなことになったのか、と第3章で知ったときは、猫の話とは別にけっこうショックだった。奥さんもう十分に傷ついていたのに...
でも淡々と生活を続けている旦那さんと猫の関係は、とてもいいなと思った。死ぬということはどういうことか、旦那さんとともに、その一面を猫に教えられた。

某月某日

毎日新聞の書評で、日和聡子『螺法四千年記』という本を知る。
あれこれ書くより荒川洋治さんの書評を読んでいただいたほうが早い。
これは『家守奇譚』や『蟲師』の世界にすごく近いのではないか、私が気に入らないわけがない、と、すぐにネットでこの本を注文してしまった。著者のことを全然しらないことも、値段の高さにも目をつぶり...
平易な短い言葉で、今か昔か、彼は人なのか動物なのか、不思議な世界がどんどんつらなっていく。どちらかといえば、ほんわかと明るい世界が、終わりに近づくにつれて不気味に暗くなっていくのは読んでいて不安にかられた。これもまた死のイメージかもしれないけれど、そこに至るまでの、生きるもの同士の交わりこそ大事。

螺法四千年記

某月某日

前にも書いた気がしますが、ベストセラーは早めに購入するか読まないかのどちらか。図書館の何百人待ちなんかしていたら、まわってくるころにはたぶん興味を失っているから。
というわけで、新刊書店で買う気はないのだけど読んでみたくはあるんだよな、辞書って気になるし、と悶々としていた『舟を編む』を「ブ」で見つけた。ありがたい。

某月某日

NHKの「ようこそ先輩」でとてもよい授業をされていた、鴻巣友季子さんの『翻訳教室 はじめの一歩』。
番組の内容を再構成して、さらに日本語をはじめとする言葉との向きあい方、本を読むことについて補足した内容になっている。若い人向けに書かれているので読みやすく、面白くてあっというまに読み終えた。四苦八苦しながら"The Missing Piece"を訳していく小学生の新鮮な解釈や言葉選びに、鴻巣さんと一緒になんども感心してしまう。

翻訳教室 : はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)

某月某日

「ブ」にて、もしかしたら家にあるかも、でも買っていなかった気がする...という曖昧さで(まあ2冊あってもよかろうと)村上春樹『村上ソングズ』(家になかった)、これは図書館にもないし「ブ」で見つけられたら、くらいに考えていた『スヌーピーの人生案内2』を購入。
スヌーピーといえばサンデー版コミックス全集が復刻するらしいけど、とにかく置き場所が...

|

« 画家 岸田劉生の軌跡 | トップページ | 8月になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画家 岸田劉生の軌跡 | トップページ | 8月になりました »