« ごはんメモ | トップページ | 闇と光と、ポニョ的なもの »

2015/01/28

箱の中身は

捨て神が降りてきてくださっています。
久しぶりに見る(あるいは見て見ぬふりを続けていた)場所には
けっこうおもしろいものがあるもので...

この箱なんだろうと開けてみたら、映画「東京オアシス」のグッズの小皿。
箱の中身がわからないなら捨てていい、というのがセオリーですが、
これは白山陶器製で、イラストは坂崎千春さんだったりして
とても捨てる気にはなりません。使いましょう。

忘れていたわけではないけど、数年ほったらかしにしていた
今はなきYonda?パンダの福袋。
一部は使っていましたが、なにせバッグが4枚とかで。
でもこれも捨てるにはしのびないかな。
ブックチャームやシールも使いましょう。

逆にこれはもう好きじゃない、ぜったい使わないと思えるものはゴミ袋直行で、
リストにしているのですが(客観的になれる)、やはり紙類、布類。軽いもの。
ほんとうに手放したいのは重たいし保管がたいへんな、
多めに買っていたアラビアの食器とかかもしれない...
(なかなか割れたりしないものです)

そして昔の自分に「なぜこれをここに?」と聞きたいのは、
靴下類をしまっている引き出しとは違う場所に、
小さいジップロックに入れたアンティパストの靴下一足。
新品でもないし、意味不明。

|

« ごはんメモ | トップページ | 闇と光と、ポニョ的なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごはんメモ | トップページ | 闇と光と、ポニョ的なもの »