テレビ

2012/04/23

男子ごはん

さて来月のマンスリーゲストは誰だろうとチェックして、来週もまだ4月=まだ心平か~とけっこうがっかり(お好きな方いらしたらごめんなさい)。今回の、ゴーヤのサラダは作ってみたいと思わなくもないような。ゴーヤってもう出てるかな。

ちょうど『男子ごはんの本4』も届きました。この本の掲載分は全部見てるはずなのに、記憶にない料理も多い...逆にもう何度か作っている料理もあります。スープカレー、なかなかいいです。

ところで「100本ノック」と題して100日続けて(旅行中の分は後でまとめて書きましたが)アップする試み、次で100本目です。しかしまさか始めた当初は、最後の数日が病気ネタになるとは思ってもいませんでしたね...
【099】

(今日の読書)
図書館で借りた、セキユリヲ『北欧でみつけた手づくりの暮らし』。web連載をまとめた本のようですが「webの連載を本にしただけ」という感じではない、さすがセキさんのセンスのよさ。で、難易度が高そうな工芸もあるのでとても同じことをしたいとは思わないけど、こういうのいいなぁと久しぶりに思えました。

| | コメント (0)

2012/04/10

今週の清盛

ともあれ悪左府様と家盛があれで、来週の視聴率がどうなるか心配ですが。
清盛と家盛が子どものころのことを思い出している回想シーンはけっこうジーンとして...いたら落馬! あれで死ぬんでしょうか家盛くん...
好きな女の子と結婚できず、貴族に翻弄され(今回の内容じたいはフィクションだそうですが)、棟梁の器じゃないとか言われて、死ぬ(?)...なんという人生。
でも彼が兄につっかかったのはちょっと唐突すぎた気がして、もうちょっとだけ時間をかけてくれたらなーと思いました。
【086】

(今日の読書)
京都の本あれこれ。

| | コメント (0)

2012/04/04

悲喜こもごも

新年度ですね。といっても自分はとくになにが新しくなるわけでもないですが...

Eテレ好きの私には今日からいろいろ変化があって、ほとんどが残念な変更でございました。(だから「悲喜」というかほとんど「悲」なのですが)あえていえば、ピタゴラスイッチが続いていること、でしょうか。各コーナーの内容はともかく10年ほとんど変わらず続いているというのはなかなかすごいのでは。
新しい朝ドラも、初回を見るかぎり、残念な感じ...
【080】

(今日の読書)
林望『旬菜膳語』。ぼたもちとおはぎについて、よく聞く「春はぼたもち(牡丹)秋はおはぎ(萩)」という説は出てきませんでした。もちろんリンボウ先生はご存知でしょうけど、もうちょっと違う角度からの解説。

| | コメント (0)

2012/03/26

トムとジェリー

NHKで4月から「トムとジェリー」を放送するということで楽しみにしていたのですが、たぶんそのちょっと出し?を見ると、うーん、違う、これじゃない! という感じです。
自分が小学生のころ(たぶん再放送)午後4時か5時に見ていた3本立てで、2本目はトムとジェリーが出てこない(ドルーピーとか、未来の車とかの)、あれが見たい...
あれはちょっと人種差別的とか暴力的とか、いまでは放送しづらいのかしら。
そういえば、そういう内容の英文を試験で見たことがあるのですが、そんなふうに感じたことがないので内容がいまひとつ理解できなかった記憶があります(あるいは言い訳)。
【072】

(今日の読書)
『半七』やっと読了。なぜこんなに時間がかかったのか、似たような人名・屋号が出てきてこんがらがるのと、年代順に再構成しているため、この本では初めて出てきた事柄が突然出てきて前のページを繰って確認することたびたびだったため。次の巻はメモりながら読むか...

| | コメント (0)

2012/03/08

神はサイコロを振らない...!

3枚目のディスクを借りたのがたぶん2、3年前。そのときも数年待ってやっと借りられたと書いた覚えがありますが、最後の4枚目もやっとやっと借りられました。
数年越しで見た最終回、ああやっぱりこうなるのね...(知っていましたけど)と、残念なような、でもどこか爽やかなような。正直、飛行機が消えた理由とか生還する作戦のあたりはサッパリわからないので邪魔だったですがね...あともうちょっとはっきりした恋愛要素があってもよかったかな。小林聡美がヒロインだとしかたないのか。恋人役が山本太郎というのも、もう貴重というかこんな時代もあったのね的感慨が...
小林さんの衣装が今見てもなかなか素敵、と思ったらスタイリスト(の一人)は堀越絹衣さんだったのですね。
【054】

(今日の読書)
『作家の放課後』久しぶりに、自分で買った本を。

| | コメント (0)

2012/02/13

男子ごはん

収録日のテロップが流れただけで普通に放送されていて、来週の予告もありました。ということは、ものすごくシリアスな状況というわけでもないのか...?
また回復祈念で14日はこの回の3品を作ろう、と思ったら(案の定)近所にもうクレソンがありません...てきとうに代品で。
【031】

(今日の読書)
『半七捕物帳お江戸歩き』読了。好きな小説の舞台となった場所を歩けるのはいいですね。といっても江戸時代の話ではそのまま残っている場所も少ないようですが。
そして読む順番を間違えた! 返却期限が近い本を先に読むべきでした。

| | コメント (0)

2012/02/01

ネコの島へ...

Eテレの「極める! とよた真帆のネコ学」第4回を見る。
福岡県に近いネコの島、ということでもしや藍島? と思ったら似た名前の相島でした。「藍島」のほうは小倉からほど近く、「雲のうえ」のようなガイドブックまであります(ありました、かも。けっこう前に入手した)。

で、ネコ学。第1回からただカワイイカワイイでなく動物行動学的な見地からの解説で、今回も野良ネコの社交と繁殖などたいへん勉強になりました。野良ネコやオット実家のネコを見る見方が変わるでしょう。

藍島、行ってみたい気もするのですけどねぇ、地元の人は、ネコを見に来られるのって、どうなんだろう。
【019】

(今日の読書)
野呂邦暢『夕暮の緑の光』ほぼ自分と同じくらいの年齢でこれを書いているんだなと思うと、恥ずかしいような、時代の違いを理由にしたいような。いま小説家でも40歳でこんな文章を書けるのだろうか。

| | コメント (0)

2012/01/28

あらかじめあけておく のまき

これは文字にしても面白さが伝わらない話かもしれませんが...

今日の「ピタゴラスイッチ」は"あらかじめあけておく"というテーマ。
百科おじさんが天板に間をあけてクッキー生地を並べている。ピタとゴラが「どうしてもっと間をつめてならべないの?」と質問すると、おじさんは焼きあがったらわかると答えます。焼きあがり、おじさんが「さっきとどこが違う?」とふたり(2羽?)にたずねると、ゴラは「おいしそうになった!」

まあ、たしかに本当においしそうな、きつねいろのクッキーではありましたが...
コラはいつもこんな調子でちょっとあほな子っぽいのがかわいい。
【015】

(今日の読書)
午後には『警官の血』読了。グッタリ。
なので、夕方にはのんびりと養老先生のまるちゃんの『そこのまる』をめくる。
『郊外の文学誌』を読み始める。序章が長い!

| | コメント (0)

2012/01/20

くろねこルーシー

ドラマとして面白いかというとまだ微妙なのですが、とにかく黒猫がかわいくて。まだ子どもなのに結構ちゃんと演技(?)している気がする。
(完成したものがそう見えるだけかもしれませんが...というか、きっとそうなんだろうな)
毎日あれこれ録画して見なきゃならないものがあるので、30分のドラマはありがたいです。
【007】

(今日の読書)
『はじめての日本神話』『水曜日の神さま』読了。
本ばかり読むと雑誌の山がちっとも低くならないので、「翼の王国」も。「クウネル」は往復書簡のページだけ。通常モードに戻ってよかった(前の号はほとんど読んでない)。
そういえば「翼」の特集の"雪の結晶博士"は昔クウネルでも取り上げられていましたね。

| | コメント (0)

2010/06/16

空から北九州を見てみよう

梅雨の晴れ間の、夏のような暑さの日でしたが
雨だとどうしても歩くのがおっくうになるので
日傘を握りしめて往復1時間の散歩をしてきました。

あちこちであじさいを見かけました。
この花ばかりは雨の日のほうが見たいかも、と思いつつ。

さて、最近とても気に入っているのが「空から日本を見てみよう」。
民放にしては(最近NHKでも多いけど!)タレントが大勢出てくるわけでなく、
ざわざわうるさくないし、単純に空から日本を見るだけでおもしろい。
ながら見が多いわたしも毎週この番組はけっこうシッカリ見ています。

明日6月17日放送分はなんと北九州工業地帯。
予告によれば、いろいろ楽しいものが見られそうです。
とくに工場萌えな方は必見!(たぶん!)
(夜の工場はまたおもしろそうだけど、夜はないかなー)

| | コメント (0)